2017年03月05日

そういえば対戦のことばっかりでCPU戦について書いてませんでしたね。
慣れてしまえば全クリは楽なほうだと思うので、これを読めばクリアしやすくなるかも?

ストーリーでは学校によっては条件次第では使用出来るキャラが変わることがあります。

■太陽学園(バツ組)
・第2話で1ラウンド以上とられる→バツが離脱しバーニングバツで復帰(ノーマル版は使えなくなる)
・第2話で1ラウンドもとられない→ロイとティファニー加入

■外道高校
・第4話で1ラウンドも2プラトンor3プラトンでフィニッシュせず勝利→バッドエンド(第5話で終了)

■聖純女学院
・第4話で1ラウンドも2プラトンor3プラトンでフィニッシュせず勝利→あきらがパワードアキラに

一部のルートではステージが教室ステージになります。このステージでは天井があるためエアバースト始動技を当てても天井に邪魔されてほとんど追撃できません。
そのかわりに天井に当たるたびにある程度のダメージが入るため、キャラによっては普段以上のダメージを稼ぐことも可能。
また、1ラウンド先取時の九郎は攻撃力と防御力が超絶アップします。狂獣裂破が当たるだけで7割くらい飛び、こちらの高火力のコンボを当てても委員長のコンボより減らないといった状態になります。普通にやっても勝てないのでさっさと負けてストーリーを進めてしまいましょう。
仮に勝っても特別演出とかはなかったと思います。



フリーモードでは基本的に対戦するだけなのでざっくりと対策を。


・ガードはしゃがみガードで
対戦では安定であるしゃがみガードをCPUでも やっていきましょう。中段攻撃はガードできませんがキラキラしたエフェクトでわかりやすく、当たっても大して痛くありません。(体力が少ないとき以外は)
あとはガードの種類を変えたことによっての被弾を防ぐという面もあります。CPUは結構中段をやってはきますがそれ以外の攻撃は防いでくれるので結果としてはメリットのほうが大きいと思います。


・投げはなるべくしない
CPUはあんまりしゃがんだりしないため、対戦で用いるしゃがみ投げが通りにくいです。CPU戦で対人戦の動きをやろうとするとうまくいかないのはこのあたりが原因かと思います。
そうなると立ち投げをやりたくなってきますが、投げ抜けが出来るのとCPUの反応のよさから抜けられる場合もあります。空中投げ以外の共通事項として、投げスカリの隙もそれなりにあるのでそこを突かれたりもするのでCPU戦でやるメリットはあまりないかもしれません。
CPU相手にはなるべくコンボでダメージを奪っていきましょう。 


・CPU戦後半でのプラトンぶっぱは少々危険
 CPU戦も後半になってくると相手の反応がよくなったりするせいか、唐突にプラトンを出しても立ち投げで潰されやすくなってきます。プラトンも結構なゲージを使うため、潰されるとゲージがなくなってこちらが辛くなる可能性もあります。
流石に相手の攻撃を耐えながら出した場合は流石に投げで潰されたりはないので、使う場合は相手の攻撃に割り込む感じで使うといいでしょう。


・ツープラトンはなるべく返そう
私立と違い、燃えろでは相手のツープラトン中に1ゲージを消費してこちらも弱Pと弱Kもしくは強Pと強Kを同時押しでツープラトン返しを発動出来ます。
返し中は呼び出したキャラと相手の控えと一定時間タイマン勝負となります。仕掛けた側が先に攻撃を当てるか投げが決まれば(抜けられても可)返しが成功となり、プラトンが発動せず五分の状態から仕切りなおしです。逆に仕掛けられた側が先に攻撃を当てる、仕掛けた側が時間内に攻撃を当てられなかった場合は失敗となりそのままプラトンが続行されます。もちろん消費したゲージは帰ってきません。
回復系のバリアに関しては少し特殊で、返しに成功しても回復効果がなくなるだけでダメージは当たった時点で確定し、このダメージで体力がゼロになった場合はそのままKOとなります。
体力とゲージ状況次第では敢えて発動しないという手もありますが、最初はする癖をつける意味でも発動しておくのがいいかと思います。因みに自分側から見て左にいるキャラを弱、右にいるキャラを強で呼び出せます。覚えておくと違うキャラを呼び出すってことが減るかと。


・攻めは飛び込みか反撃で
燃えジャスはモーションも他ゲーと比べてゆっくりなところがあるため、適当に技を振っていると反撃を受けやすいです。特に相手の目の前で空振りなんかすると弱攻撃でもかなり危険、空振りから痛い反撃を受けて負けちゃうなんてパターンもあると思います。
有効と言われているのが飛び込みから攻めるというやり方です。反応のよさは飛び込みでは発揮されないのか、ジャンプ攻撃は意外と通りやすいです。

こちらは個人的なやり方になりますが、基本的にしゃがみガードで待ち、相手の隙の大きな攻撃をガードしたあとに反撃するやり方もあります。
このゲームの強攻撃はモーションが大きく、ガードされると隙が大きめなのでこの隙にコンボを叩き込むって感じですね。あとは2プラトンもロイやエッジなど一部以外はガードされると隙だらけなのでこちらも狙っていくといいかもしれません。 
変に動いて反撃をもらうのを防ぐ反撃戦法は、いきなりやるよりはある程度キャラの動きに慣れてきたときに試してみるのがベターかと思います。慣れてきたときは根性カウンターの練習にも活かせます。


最後に個人的CPU戦要注意キャラを。

・パワードアキラ
SABで浮かせると高確率で剛気功塊に繋げてくる。剛気功塊のダメージもあって結構な痛手。
浮かせなくてもそれなりにコンボをやってくるので個人的にはCPUで一番強いんじゃないかと思ってます。

・ロイ
単純に火力が高い。発生の早い技もあるため、うかつな攻めは潰されて痛い目に遭いやすい。ダイナマイトジャスティスやトリプルツイスターはガードされたらそれなりに隙はあるのでガードで固めつつがよさそう。

・ヴァツ
コイツはコンボより完全燃焼アタックのぶっぱに注意したい。他のバツもそこそこぶっぱするがコイツは他よりやる頻度が高いため、変な距離で技を振るとひっかかりやすいです。

・岩
結構な頻度で投げてくる。完全燃焼投げも時折やってくるが基本的に技が大振りなので反撃しやすく、投げ自体も立ち投げが多いのでしゃがんでいればわりと対処しやすいが事故りやすい相手なのでガンガン攻めたほうがいい場合も・・・

・委員長
普通にやればそこまで気にすることはないんですが、気をつけたいのは昇竜の型や紫電の型といった溜めてダメージがアップする技。溜めてる間に攻撃したくはなるんですが、CPUの反応のよさか、こちらの攻撃前にボタンを離して反撃してきます。溜めると結構なダメージにはなるのでここだけ気をつけましょう。飛び道具があればぶつけてもいい。

・デモン雹
ラスボスなので反応のよさはおそらく一番。プラトン見て投げで潰したり、こちらの攻撃に回り込んで背後投げやってくるのは日常茶飯事だが、一番警戒したいのは瞬殺無音の追加版。ガード不能で当たると3割消えるので食らうと痛い。この追加版、人間がやろうとすると受付の猶予がほとんどないネタ技なのだが、CPU特権なのか追加版を高確率でやってくるのでタチが悪い。
所謂初見殺しではあるが、発生が遅いので雹が突っ込んできたらジャンプで簡単に避けられる。これだけでかなり楽に戦えるようになる。また、打撃無敵を活かして突っ込んできたところに3プラトンをぶっこむのもアリ。トドメにぴったりw
それ以外では刀での攻撃はガードされると隙が大きいのでガードを固めて反撃も有効。


結構長くなってしまいましたがCPU戦攻略について書いてみました。
これがCPU戦クリアの参考になれば。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字