2016年09月15日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
ラスボスでこの企画終了!

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。

特徴
雹との最大の違いは二刀流になった点。ラッシュ能力を得たものの、雹のときに使いやすかった技が無くなったせいかクセの強い技ばかりになり、全くの別キャラとなっている。扱いの難しさ、火力の低さなどトータルで見るとマイナスポイントが目立つのでノーマルと比べると正直おすすめは出来ないのだが、ラッシュと差しこみの両立が出来る点はかなりの強み。どちらも1キャラでやりたいって人にはいいかもしれない。あと二刀流好きw

主に使う通常技
弱P
発生も早く、ガードさせて大幅有利、硬直も少ないと優秀な弱P。これでラッシュをかけていこう。

2弱K
ノーマルと同じ性能。リーチが長めでヒット確認もしやすい。先端で当てても強Pに繋がるのが強み。ガードされたらガード時に有利のとれる弱Kでフォロー。

3強P
エアバースト始動技。前進しながら上に向かって刀を振るためリーチは長く根性カウンター向き。ただ、発生はそこまで早いわけではないのでその点だけに注意。

3強K
SAB始動技。雹と同じ性能だが、こちらは場合によってはSABコンボを使うのでノーマルよりは出番はある。

J6強P
刀を上向きに払う。ノーマルより発生が早いので空中での根性カウンター向き。

主に使う必殺技
殺刃(236+P)(空中可)
前進しながら2本の刀で相手に切りかかる。基本的にコンボの〆に使うが火力のなさが響くため、実際にはあまり使われない。

疾駆(214+P)(Pボタンで追加)
刀を前に出しながら突進。端に移動しきる前くらいでPボタンを押すと2回まで追加入力出来るがタイミングが少し難しい。近距離でガードされても相手の背後にすり抜けるため思ったほど反撃を受けにくかったりする。

幻影蹴(214+K)(空中可)
ノーマルと同じ。発生は早いが地上版は着地の隙が大きいので封印するのが無難。空中版は空中コンボの〆や根性カウンターに。

霧幻流 暗黒衝撃斬(236236+P)
地を這う衝撃波を出す。発生が早く、端から端まで届くが、暗転後にジャンプで避けられるため、中距離だと飛び込みからフルコンもらう危険大。地味に相手の飛び道具を反射する。

霧幻流 暗黒闇吹雪(236236+K)(空中可)
周りを気で包んで攻撃する。コンボの〆だけでなく、ガードさせて有利がとれ、レバガチャとK連打でヒット数が増えるためかなり反撃を受けにくい。また、ガード時のフォローなどにも使えたりとデモン雹で最も使うであろう技。

霧幻流 瞬殺無音(214214+P)(Pボタンで追加)
身構えたあとに突進しつつ相手を切る。突進中にPボタンで追加入力が出来、成功すると大ダメージのガード不能技になるのだが、追加の受付時間がかなり短いため狙って出すのが難しく、そもそも発生が遅すぎるのでそうそう当たってくれない。通常時のダメージがかなり低いのもあり実戦ではネタ技となっている。
ただCPUは追加をポンポンと出してくるため、ストーリーやフリーモードのラストで慣れていないプレイヤーがよくわからん殺しに遭う。その際は「瞬殺・・・」というボイスを発したら直前でジャンプ無敵のある3プラなどをすれば簡単に回避出来る。

コンボ
弱K→強P→3強K→J弱K→J強P→J強K→弱幻影蹴(57)
SABコンボ。なぜかJ弱攻撃を1発省くとダメージが上がる。3強Kが思ったよりリーチがないので強Pのほうが安心。基本コンボはこの下なのだが、基本と呼ぶには難易度が高い気がするのでまずはこちらから慣らしていこう。

弱P×2or2弱K→強K→6強P→追加強P→暗黒闇吹雪→垂直ハイジャンプJ強P→弱幻影蹴(76/73)
一応基本コンボ・・・という扱いだが闇吹雪後のハイジャンプ追撃はすぐ垂直ハイジャンプをしないとJ強Pが当てづらく、J強Pが当たったとしても今度は幻影蹴が当たらなかったりと、実際には追撃まで含めると基本と思えないくらい難しい。闇吹雪までだと大したダメージにならないのもかなり痛い。
闇吹雪は極力連打しないほうが追撃がしやすくなるが、追撃を諦めてレバガチャでダメージアップを狙おうとしてもそこまで上がらない。

弱攻撃後の強攻撃は2強P>強K>強Pの順にダメージが高く、逆に発生の早さは強P>強K>2強Pとなる。ダメージが上がる分ヒット確認が難しくなる感じ。今回はどちらも両立出来る強Kで紹介したが、基本的にどれ使っても大丈夫かと。
ただし、しゃがみ状態のもも、ひなた、委員長、あきら、パワードアキラには強P→6強Pがスカるのでそこだけ注意。

3強P→J弱K→J強P→J強K→弱幻影蹴(54)
エアバーストコンボ。デモン雹は弱攻撃しかループ出来ないのだが、ヘタにJ弱Kをループするとダメージが下がってしまうので1発のみにするとダメージが安定する。
少ないダメージだがノーマルより3強Pの出番が多いので決められるところではきちんと決めたい。

グランドスラム(将馬のツープラトン)→振り向き→瞬殺無音→追加(124)
将馬のツープラトンからのコンボ。相手が吹っ飛んで振り向いた瞬間に無音を入力してPボタンを連打するとなぜか空中の相手に追加が入る。無音の入力が難しいのとプラトンなので安定して決まるとは言えないが、決まるとそうとうなダメージを誇る。(する側・される側は)プラトン返しは意地でも勝ちたい。
ただ、後ろに将馬がいること前提なのでチーム構成の幅が狭まるのと、知ってる相手には後ろにいるだけでバレる弱点がw

立ち回り
全体的にリーチは長いのは変わらないが、強Pはガードされると根性カウンターで反撃されやすかったり、牽制で振れる技はあまりなかったりとノーマル時にあった守備能力は大分落ちてしまった印象。
火力の低さとクセの強さ、基本コンボの追撃の難しさもあって、始めに書いたとおりおすすめできないが弱Pラッシュと2弱Kの差しこみを駆使していけばやりようはある。

・・・一応企画最後なんだけど、まとめにうまいことが浮かびませんでした。すみません><

コメントする

名前
URL
 
  絵文字