2016年09月14日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
ついにこの企画も終わりが見えてきました。あの生徒会長の登場だ!

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。

特徴
全体的にリーチが長い。それに加えて発生の早い技を多く持つため、カウンター向きの技が多く守備能力はトップクラス。攻めても始動技がヒット確認しやすく、熱血コンボも慣れないと割り込みづらい。ワンコンボの火力はそこまで高くはないが、攻めと守りともにひととおりの技は揃っているため万能型のキャラと言える。
日本刀での牽制は空振り時に隙が大きいのと防御力の低さが弱点。

主に使う通常技
2弱K
リーチが長めでヒット確認もしやすい。先端で当てても強Pに繋がるのが強み。ガードされたらガード時に有利のとれる弱Kでフォロー。

6弱P
その場で刀を払う。リーチが長いのもあるが発生がとにかく早い。牽制、根性カウンターに活躍する雹の主力。
ガードされると隙がないわけではないが、先端でガードさせた場合はほぼ反撃はなく、追加で出る強Pは発生が詐欺のような早さなのも強い点。空振りやジャンプに弱いことに注意。
根性カウンターから出す場合はしゃがんでいると後述の十文字斬りに暴発しやすい。ガードしたあとにレバーをニュートラルにしてから6を入れると暴発しにくくなるため、こちらも練習しておこう。

3強K
SAB始動技。基本的に地上コンボで〆ることが多いので出番は少なめ。

J6強P
刀で横に払う。発生が早く、空中での根性カウンターに。

主に使う必殺技
十文字斬り(236+P)(Pボタンで追加)
前進しながら相手に切りかかる。Pボタンで追加でもう1回斬りつけ相手を吹っ飛ばす。ダメージはそこそこだが隙が大きめなので、体力が少なくなって根性値が働いたときなど、基本的にはゲージを温存したいときに使うのがメインか。

居合い斬り(214+P)(Pボタンで追加)
軸をずらしながら抜刀→追加攻撃を出す。キャンセルからは出せないが相手の攻撃を避けつつ一方的に攻撃出来るため非常に強力。追加は強版だと相手を吹っ飛ばしてしまうが、弱版はその場で斬りつけるのでそのあとは十文字斬りか暗黒疾風斬に繋いでいこう。発生はそこまで早くはないが、軸をずらすので根性カウンターにも向いている。垂直ジャンプや軸移動を潰す技には弱いのでやりすぎに注意。

幻影蹴(214+K)(空中可)
恭介の幻影キックとほぼ同じ技。発生は早いが地上版は着地の隙が大きいので封印するのが無難。空中版は空中コンボの〆や根性カウンターに。

暗黒疾風斬(236236+P)
高速で突進し、すり抜けたあとに斬撃が襲う。主にコンボの〆に使い、相手をすり抜けるためガード時のフォローにと出して損はない技。雹のゲージの大半がここに費やされるが、便利だからと使いすぎてガス欠にならないよう注意。

暗黒幻影陣(236236+K)
雹版ダークネスイリュージョン。キャンセルから出せず、私立ほどのダメージはないものの固定ダメージ。ガードさせて有利がとれるのに加えて、スーパーアーマーの時間が長いので割り込みに使える。

暗黒幻影蹴り(214214+K)
幻影蹴り2発から叩きつける。とにかく発生がトップクラスに早いため、主に根性カウンターで使うことが多いがガードされると隙が大きいため、どうしても反撃がしたいときに使うといい。

コンボ
2弱K→強P→強K→6弱P→追加強P→暗黒疾風斬or十文字斬り→追加(70/52)
基本コンボ。2弱Kがヒット確認しやすいので当たったのを見てから強Pが間に合う。慣れないと割り込みにくいため慣れるまでは入れ込んでも大丈夫。十文字斬りはゲージがないときや根性値が働いて疾風斬が減らなくなったときに代用として。

6弱P→追加強P→暗黒疾風斬(50)
牽制からのコンボ。追加の強Pは6弱Pヒットしてから押して繋がるので安心。始動が主力なので自然と出番は多い。こちらも状況次第では十文字斬りで〆ても問題ない。

居合い斬り→追加弱P→暗黒疾風斬(53)
こちらは居合い斬りから。キャンセルからは出ないものの、相手の攻撃を見てから居合い斬りを出してもわりと避けてヒットしてくれるのでこちらも出番は多い。

2弱K→強P→強K→3強K→J弱K×2→J強P→J強K→弱幻影蹴(65)
SABコンボ。ダメージはまぁまぁだが3強Kが意外とスカりやすいので狙うときは密着からするのが無難。基本コンボがあるのであまり出番が多いわけではないが先に着地出来るのでいざというときに使える。

J強K→暗黒幻影陣(58)
J強Kからなら暗黒幻影陣をコンボに組み込める。固定ダメージなのとガードされても有利がとれるため、後半にふと飛び込んで狙ってみるのもあり?

2弱K→強P→強K→3強K→J弱K×2→J強P→J強K→強天雷斬(空中で236+P)(62)
SABコンボというよりは連携。強天雷斬後にすぐ暗黒疾風斬をすると相手が地上受け身をしていた場合ガード不能になる。ダメージとしては62+39なので101となかなか大きいが、天雷斬の時点でこれを狙ってることがバレバレなのでわかってる相手には決まらない。失敗すると相手の目の前なのでネタっぽいが雹を使う人、使わない人ともども頭の片隅にでも置いておこう。

立ち回り
2弱K、6弱Pといったリーチの長い技での牽制、ガードされてもおかまいなしに暗黒疾風斬でフォローとこれだけでも戦えるが、雹は自分から攻めるよりは相手の隙にリーチの長い6弱Pなどを差したり、カウンターから反撃といった守備よりの戦い方のほうが強みを活かしやすい。ただし防御力が低いので根性カウンターを失敗したときに致命傷になりやすいのでその点は常に意識しておきたい。

きちんと相手の動きに対応し、状況にあった行動をとることが求められるため扱いは少々難しめ。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字