2016年08月27日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
今回は外道高校からどすこーい!

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。

特徴
このゲーム最大の体格と防御力を誇る。見た目どおりの豪快なパワーから一気にダメージを奪っていく。これまた見た目どおりというか、技の発生が遅いためいかに始動を当てられるかが課題となってくる。

主に使う通常技
2弱K
通常技で唯一使えるのがこれ。単体からヒット確認してコンボに持っていくのが岩の基本。

6弱P
発生は少し遅めだが根性カウンターとして使える。ここから2強Pに繋いでいこう。

J弱K
空中ではこちらを振っていく。牽制や連携に使っていこう。

主に使う必殺技
鉄砲突き(236+P)
張り手を出す。弱は発生が早めなので根性カウンター向き。強は追加入力で更に張り手を繰り出し吹っ飛ばす。

ぶちかまし(214+K)
低い姿勢から突進。弱はヒット後に相手を吹き飛ばすが、強はエアバースト始動技。エアバーストからの連携が強力なため、主に強を使っていく。

乱れ鉄砲突き(236236+P)
鉄砲突きの強化版。地上コンボの〆や、発生が早さから根性カウンターにも使える。

噴火山(214214+P)
立ち、しゃがみどちらでも掴めるコマンド投げ。暗転からジャンプで避けられてしまうが、受け身に合わせて出すと回避不可能になったりする。

雪崩落とし(空中で236236+P)
間合いの拾いコマンド投げ。近いと空中投げで潰されたりするが連携の対として使うのが主な使い道。

コンボ
2弱K×2→2強P→強ぶちかまし→J強P→J2強K(72)
基本コンボ。一部のキャラのしゃがみに2強Pが繋がらない点に注意。J2強K後は先に着地出来るためそこから連携に持っていく。

弱P×2→強K→強鉄砲突き→追加(43)
一部のキャラのしゃがみに対してはこちらを使う。ダメージはかなり下がってしまうのでなるべく上のコンボを狙いたいところ。

立ち回り 
立ち回りにかなり難があるため、相手の隙に2弱Kを当ててコンボから連携にもっていきたい。連携は決まればただでは済まないダメージになるため相手からすればかなり脅威だが、その分警戒もされるので時折投げやプラトンなどで強引に攻めていってもいい。
見た目に反して(?)根性カウンター向きの技があるので、守りつつダメージを稼いでもいい。

連携について
J2強Kからは先に着地してからJ弱K×2→強P→J2強Kの打撃か前方ジャンプからの空中投げの2択を迫っていく。打撃は受け身をしないと再度J弱Kが繋がるため、最悪そのままKOまで持っていかれる。岩を使わなくてもこれだけは覚えておこう。
択の打撃を嫌がる相手は受け身を取るため、ここで対の投げが活きてくる。投げ後は連携には持っていけないものの、雪崩落としなら十分なダメージになるためどちらの択も決まれば強力なことに変わりはない。

なお、打撃のほうは受け身方向と岩側のタイミング次第では受け身がとれないことがある。仮に受け身をとれても着地から裏回りで2弱Kを当てられるともう一度エアバに持っていかれ大ダメージを負ったところで再びあの択が待ち構えるため、ハマるとかなり怖い連携である。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字