2016年01月10日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
流れとしてワイルドさを身につけた漢を。

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。

特徴
醍醐のアナザーバージョンといった性能。性能としては大きな違いはないが細部で違う部分がある。
・熱血コンボが強Pから強Kが繋がらない
・J強PからJ強Kが繋がるようになった
・気功塊が多段技になり、硬気功塊が単発技に
・防御力が低くなった(標準)

こう見るとノーマルと比べて空中戦に特化した性能だが、強化点がうまく働きにくいため弱体化が目立ってしまっている。
基本的には変更点以外はほぼ醍醐のコピペになっているので先にこちらから見ることをおすすめします。

主に使う通常技
2弱K
主力技なのだガードされて不利とお世辞にも優秀と言えない。ここからヒット確認でコンボに持っていくのが理想。

2強P
リーチは短いがガードされても隙は少ないほう。程よく出すといいかも。

3強P
エアバースト始動技。リーチが短く密着でないとスカることが多いが、醍醐はエアバーストの火力は高めなので密着からの隙には根性カウンターから叩き込みたい。

主に使う必殺技
無双突き(236+P)
正拳突きを放つ。弱は1発、強は追加入力で3発まで出せる。醍醐は後述の真・無双正拳突きが強力なのでゲージがないときに。

無双蹴り(214+K)
弱は2発、強は3発蹴りをお見舞いする。発生が早いので根性カウンター向き。主に弱をカウンターで使うが、たまに反撃を潰すために強を出してもいいかもしれない。

気功塊(空中で236+P)
弱は斜め下、強は前に放つ。多段技となり3ヒットするように。変わらず空中コンボからの〆や牽制がメインだが牽制は多段になったのでノーマルよりしやすくなった。

暴走・無双正拳突き(236236+P)
固定ダメージがノーマルの44から47へアップ。発生も早くなった。主砲なのは変わらず。
技後はスライディングで近づいて起き攻めへ。

暴走・硬気功塊(空中で236236+P)
ノーマルと違い単発技となりダメージがアップ。単発となり牽制としては少し使いにくいため空中コンボの〆がメイン。J強PからJ強Kが繋がるようになったためコンボ火力がかなり高くなった。

コンボ
2弱K→強K→6強P→暴走・無双正拳突き(75)
基本コンボ。暴走・双正拳突きのダメージはアップしたものの、熱血コンボの変更からコンボとしての火力は下がってしまった。ただ、相手の距離でコンボを変える必要が無くなったので当たれば確実に決まると思えばメリットかもしれない。
ダウン後はスライディングから起き攻めに。

弱P×2→2強P→6強P→真・無双正拳突き(85)
弱P始動。ダメージ重視のコンボのためダメージの高い2強Pを使う。やはり強Kが繋がらないのが痛い。
因みにJ強Kからだとダメージ97。

3強P→【J弱K×2→(J弱P×2→J強P)×3→J強K→強硬気功塊】(92)
エアバーストコンボ。3強Pが当てにくいのは変わらずだがダメージはかなりアップ。最初のJ弱Kをひきつけて出せばノーマルよりはやりやすい。当て方次第ではJ強Kがスカることがあるので安定をとりたい場合はJ強KをJ弱K2発にしよう。それでもダメージは90と高いのでお好きなほうを。

立ち回り 
通常技の性能が悪いため、ジャンプしながら空中戦を挑み、ヒットしたらワンチャンスで一気にダメージをとる戦法がメイン。ワイルドは気功塊が多段になっているのでこれで牽制も出来るため、ノーマルより空中戦が強い。
ただ、気功塊も近くでガードされると着地から反撃を受けやすいので、なるべく先端を当てるように出すことを心がけたい。

散々言ってきた起き攻めだが選択肢としては2弱K、しゃがみ投げ、空中投げがメインになってくる。 
・2弱Kは軸移動とジャンプが潰せ、ヒットすると無双正拳突きの大ダメージからもう一度起き攻めへ。
・しゃがみ投げは2弱Kを嫌がって固まった相手に。投げ抜け不可でダメージ39。そして再び起き攻めに。
・ジャンプ投げは相手のジャンプ一点読み。こちらは投げ抜け可能だがダメージは39、そして起き(ry

どの選択肢も通ってしまえば強制ダウンとなり、再び起き攻めに移行出来るのが強み。2弱Kからの選択肢が強いためしゃがみ投げや空中投げの選択も活きやすいのも特徴。2弱Kの性能もあるので上に行くに連れてハイリスクではあるがこれが醍醐と言っても過言ではないのでやるしかないのですが・・・
共通の弱点としてプラトンに弱いのと確実に決まるわけではないという点に注意。
総じて安定感に欠ける醍醐ですが、読みが通ると嬉しかったりするので読みあいがしたい、変に気持ちよくなりたい人にはいいかもしれないw 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字