2015年10月20日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
多分前回の続き。

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。

特徴
私立時代のメット姿のあきら。大きな違いは気功塊が剛気功塊となり火力アップした点と構え技の破天の構え。通常技や必殺技の性能も変化したものもあるため別キャラと言える。
コンボはほとんど空中剛気功塊で〆ることとなるため、あきらと比べるといくらか狙いがシンプルになっているが、肝心の構えが実戦では機能しづらく、剛気功塊はヒットすると相手が離れてしまうため攻めるのが苦手。


主に使う通常技
2弱K
素顔同様に要となる技。ヒット確認しやすいのでヒットしたら強Pからコンボ、ガードされたら弱Kでフォロー。

弱K
ガードさせて有利なので2弱Kのフォローに。

4強P
SAB始動技。リーチが長く、ガードされても隙が少ない単体で優秀な技。対空で当てると3強Pや3プラが繋がる。

主に使う必殺技
裏裡門(236+P)
弱は発生が早く、根性カウンターにも使える。こちらは相手を吹っ飛ばすため弱がよさげ。

旋蹴舞(236+K)(2回まで追加入力可)
弱は下段、強は軸移動しながら回し蹴り。初段の強のダメージがアップした以外は同じ。こちらも基本的には弱→追加強で止めるのが基本。

放舞(214+K)
発生が早くダメージも高い単発技。キャンセルから出せないため根性カウンターから使うのがメイン。ダメージの高さからダウン追撃にも使える。

破天の構え(214+P→ボタンで派生)
コマンド入力で構え、ボタン入力で派生するパワードアキラの代名詞技。ルートによっては高火力且つ見栄えのいいコンボが可能になるが、構えを経由しないといけないのと難易度の高さから実戦でなかなか決まらない・・・

剛気功塊(236236+P)(空中可)
こちらは単発技となりダメージアップ。地上版は相変わらず発生が遅く使えないので主に空中版を。コンボに組み込むと火力アップが見込めるので、ほとんどのコンボの〆に使うため出番が多い。難点はヒットすると相手と離れてしまう点。

コンボ
2弱K→強P→4強P→J弱P×2→J強P→J強K→剛気功塊(70)
SABコンボ且つ基本コンボ。J弱Pはひきつけすぎるとスカるので注意。

放舞→J強P→J強K→剛気功塊(86)
根性カウンターなどから。ヒット数の補正の関係で弱攻撃を省くほうがダメージは高くなる。

3強P→【J強P→(J弱K→J弱P→J強P)×2→J弱K×2→強P→剛気功塊】(85)
エアバーストコンボ。〆の剛気功塊は相手が浮きすぎるとガードされてしまうので素顔より完走が難しい気がする。
体系の小さいキャラは最後のJ強Pを省くとやりやすいかも。

破天の構え→強P→弱P→弱K→放舞→破天の構え→強K→J弱K×3→J弱P→J弱K×2→J強P→J強K→剛気功塊(114)
破天の構えからのコンボ。破天→強Kの派生を当てるのが難しいが、それ以前に構えからの派生が当たらないので魅せコンボ気味。

破天の構え→強P→弱P→弱K→3強P→【J強P→(J弱K→J弱P→J強P)×2→J弱K×2→強P→剛気功塊】(105)
こちらは上の簡易版。ダメージは10下がるもののこちらのほうがまだ実戦的。派生が当たらないという問題があるので・・・

立ち回り 
最初のうちは構えなど気にせずとにかく空中剛気功塊に繋いでいくことだけを考えたい。全体的にディフェンス寄りの性能ではあるが狙いがシンプルで火力面は比較的なのでノーマルよりは扱いやすい。
攻め能力のあきら、火力のパワード。強みは違うものの、丁寧な攻めを心がけたいのはどちらも同じ。ノーマル同様愛をもって頑張っていこう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字