2015年07月24日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
今回は昨今の学校教育に一石を投じるあのキャラ!

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。

特徴
竹刀をふくむ全体的なリーチの長さと固定ダメージの熱血腕立て伏せの存在もあって相手の間合いの外から一撃を叩き込むのが主な戦法。シンプルながらかなり強力であり始めたばかりでもわりと勝ちやすい。
隼人の性格が反映されているのか、かなり攻めっ気のある性能と言えるが、反面切り返しに不安がある。

主に使う通常技
2弱K
リーチが長めで、ガードされても隙が少ない、ヒット確認も容易と隼人の主力。

弱K
ガードさせて有利。密着気味ならヒット後に2弱Kに繋げられる。

2弱P
小足ばかり注目されるがこちらもガードさせて有利と優秀。ガードさせてからの投げなどこちらも適度に混ぜていくといいかも。

強P
リーチが長く牽制に向くが、ヒットしたら確認から腕立てまでいける。ガードされると不利だが、先端なら6強Pなどでフォローも可能。

4強P
コンボパーツ。ここから腕立てに繋げることで隼人の体罰が始まるw

3強P
AB始動技。発生はそこまで早くないがリーチはあるので状況によっては使っていける。

主に使う必殺技
熱血竹刀(236+P)(空中可)
竹刀を振り回す。地上だと弱版は相手を吹き飛ばし、強版はダウンさせるが技後の隙が大きいので使うなら弱版を。
逆に空中では単純に振り回す回数が増えるだけなのでこちらでは強版を使う。

気合キック(623+K)
逆立ちしつつ上昇。弱版は上昇後に熱血竹刀が繋がり、強版は連打でヒット数とダメージ増加。腕立てがあるので多用する技でもないが弱版は気絶が狙える。

熱血腕立て伏せ(236236+P)
相手に腕立てを強要させて竹刀でしばく隼人の代名詞的技。固定ダメージ45と強制ダウンのおかげで今日もその体罰が止むことはない・・・
コンボパーツがどれもヒット確認がしやすいので、何か当たったら腕立てまでもっていかれるプレッシャーは相当のもの。

熱血風車(236236+K)
サイコクラなんとかっぽい技。ダメージとしては腕立てに劣るので普段は使わないが、根性カウンターを潰したときにこちらを使うとダメージがアップ。

コンボ
2弱K→強P→4強P→熱血腕立て伏せ(77)
基本コンボ。ヒット確認がしやすいため慣れたらこれだけである程度戦えてしまう。3回決めれば相手は死ぬ。
腕立ては熱血竹刀になったときを考えて弱で出すと安心。

2弱K×2→弱P→4強P→熱血腕立て伏せ(83)
密着時ならこちら。弱Pはノーキャンセルで出すが猶予があるので慣れるとそこまで難しくない。ちょっとでも離れているとスカりから反撃をもらう可能性もあるのでこればっかり狙うのは考え物。

2弱K×2→弱P→4強P→弱気合キック→強空中熱血竹刀(68)
ノーゲージコンボ。腕立てがあるので積極的に使うコンボではないが、気絶値が溜まるので気絶を狙ったり、ゲージを温存したい、ない場合などに。
弱気合キックはディレイをかけないと竹刀が繋がらないが、目安としては4強Pヒット後に竹刀を戻すあたりで気合キックを入力すると比較的繋げやすい。 

3強P→【J強K→J弱P×2→J強K→J弱P×2→J強P→強空中熱血竹刀】(78)
エアバーストコンボ。始動のJ強Kを引きつけて当てるのがコツ。最初がきちんと入ればあとは最速で問題なし。
密着よりは少し離れたところからだと狙いやすいかも。

立ち回り 
近距離は2弱K、中距離は強Pのリーチを活かして攻めるのが基本。リーチの短いキャラ相手だと近づこうとしたところに刺さることが多い(経験談)ので一定の距離を保つと戦いやすいかと。
警戒して近づかない相手には逆にこちらから近づき、2弱Pをガードさせてからの投げや、中段ながらガードされてもあまり不利にならない4強Kなどで崩してもいい。
多用する技がどれもヒット確認がしやすいので、何か当たったら確実に腕立てにもっていくのが理想。これだけで相手からしたらかなりのプレッシャーになる。真空波動コマンドが出せる人なら始めてすぐ勝つのも夢ではないので今夜勝てるキャラ筆頭とも言える。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字