2015年05月12日

大会で速攻で負けるくせに野試合だといきいきするマンの僕が中級目線でこれから燃えジャス始める人に向けて指南というか手引きみたいなもんを書いていくよ。
次はひなた。みんな大好きなパンチラが見れるよ!

それでは追記から。
方向キーはテンキーで表記します。上は8、下は2、左が4、右が6といった具合です。
パンチはP、キックはKで強弱に指定がない場合はどちらもでOK 
コンボダメージはトレーニングモードで恭介に決めたときのダメージです。  

特徴
コンボ火力は低いものの、手数が多く、安定した立ち回りが出来る。 体が小さいので相手のコンボ難易度を少し上げたり出来るが、その分リーチも短めなので長所でも短所と言ったところ。個人的にやや短所かもですが。 
立ち回りで相手を圧倒し、そのまま押し切る感じのキャラだと思います。 

主に使う通常技
弱P
リーチは短いがガードさせて有利。これでちょと固めたり、投げたりと個人的には結構大事。

2弱K
主にここから2強Kor強KにつなげてSABに繋げていくので、火力のないひなたにとってある意味要とも言える技。なるべくヒット確認から次に繋げていきたい。ガードされても弱Kでフォローも出来る。

弱K
ガードされても有利なローキック。 2発出してもキャンセルがかかるため、ガードされても弱炎舞脚、ヒットしていたら強炎舞脚などこちらもお世話になる。

2強K
ここからSAB始動の3強Pへ繋ぐ。主に2弱Kから繋いでいくが、リーチもそこそこなので、たまに先端を当てるように出すと当たってくれるかもしれないが、ガードされて有利とかはないのでほどほどに。

3強K
エアバースト始動技。発生が早いが、横へのリーチはあまりないので注意。

3強P
SAB始動技。前述の2強Kか強Kから繋いでいくが、強Kは2強Kが届かないときに用いる。ガードされると隙だらけなのでヒット確認から出したい。

主に使う必殺技
炎舞脚 (214+K)
弱は発生少し遅いがガードさせて有利、逆に強は発生がかなり早く、弱ほどではないがガードさせて有利もとれる。
空中だと弱はその場で停滞し、強は落下しながら前進する。

螺旋炎舞脚(214214+K)
斜め上に回転蹴りしながら上昇する。空中版は空中コンボの〆に使い、ひなたの主砲とも言える技。技後の下降中は身動きがとれないので外すと危険。地上版はとりあえず忘れていい。

コンボ
2弱K→2強K→3強P→J弱K×2→J強P→J強K→螺旋炎舞脚orJ6強K(68or50)
メインコンボ。ダメージ重視なら螺旋、攻め継続ならJ6強Kと使い分ける。J6強Kの場合、空中での繋ぎにディレイ(少し遅らせる)をかけると先に着地して追撃しやすいが、最初は螺旋でしめてもいいかも。

弱K×2→強炎舞脚(26)
ダメージは低いが、ヒット確認がしやすい。火力が低いひなたでもこのダメージも貴重。
因みに2弱K2発からも強炎舞が繋がる。その場合のダメージは29。

3強K→J強P→J弱K→J強P→J弱K×2→J強P→J強K→螺旋炎舞脚(74)
エアバーストコンボ。小柄なキャラにやる場合は最初のJ強Pを省くか下のコンボでもいい。
基本的にエアバースト中のコンボは相手より上に来たときに始動を当てると落としにくく、弱攻撃のときは前に、強攻撃のときは後ろにレバーを入れるとやりやすい。

3強K→J弱P×2→J強P→J弱K×4→J強P→J強K→螺旋炎舞脚(72)
某氏から教わったエアバーストコンボ。こちらは上のコンボよりダメージは2ほど下がるものの、小柄なキャラにも比較的安定して決まる。 
注意点として 螺旋は最速だと全段当たらないので一瞬待ってから入力するといい。

立ち回り 
リーチが短く、火力も低いのでコンボだけ決めてもなかなか勝てない。燃えジャスは投げのダメージが高めなので、要所で投げていきたい。空中投げはダウン後に3強Pで浮かせなおせるので追撃が出来る。もちろん相手の受身次第では空中投げでもう一度ダウンさせてもいい。
某氏曰く、燃えジャスで出来る行動を大体全部やらないと勝てないキャラに分類されているので、燃えジャスっぽく戦って勝ちたいって人におすすめかもしれません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字