2014年02月27日

ダークアウェイクは3キャラを選んでチームを組むわけですが、最初は好きなキャラで組んでも大丈夫です。とは言うもの、いきなり18キャラもいる中から3キャラ選ぶのは大変だと思います。
そこで個人的主観ではありますが、全キャラの紹介とおすすめ度(☆5つ)を書いていこうと思います。
長いので続きから。
 

ヒューマンチーム 
主人公チーム。全体的にくせもないので扱いやすいです。ヒューマンチームで組んでも十分いける。

ラムダ ☆☆☆☆☆
格ゲー初心者から上級者まで幅広く扱え、最初に覚えるコンボも簡単。専用装備の火力もすごいが他のアイテムとの相性もよくどんなチームにも入る。自分でゲージが溜められ、ゲージがなくても強いので先鋒から大将までどこ任せても問題なし。新規さんにおすすめ。
 
サンドラ ☆☆☆
ラムダと違いこちらは素早い動きが特徴。最初は劣化ラムダになりやすいですが相殺判定を持つ盾での飛び込み、威力の高いマナバーストが強み。ただし、マナバーストはガードされると隙大きいので小技からヒット確認が必要なので要求されるスキルは高め。

カースヘッド ☆☆☆☆
┗|┳|┛ の顔文字でおなじみ。投げキャラではあるが、専用装備のハンマーを持たせると物理攻撃1.44倍に加えて通常技に削りがつくのでコマ投げが出ないって人でも打撃だけでも戦える。ハンマーは物理攻撃20%アップなので他のキャラも恩恵が受けられるので組みやすい。難点は動きの遅さ。バーサクの強さを発揮しやすいので大将向き。


エルフチーム 
魔法攻撃もありとバランスはいいが、全体的にゲージがあると強いので大将向き。

エリオン ☆☆☆
発生は遅いもののリーチのある通常技、優秀な飛び道具、優秀な立ちDが強い。特に中下段からのアウェイキングエレメント(通称ゲイザー)は相手の体力を吹っ飛ばし更に追撃まで出来る。専用装備があると火力に加え削りがつくのでリーチを活かした戦いがしやすいが、ゲージがないと火力は控えめ。

フィーナ ☆☆
魔法使いであるため魔法技の威力が高い。特に地上食らいホーリィテンペストの威力が凄まじい。必殺技の飛び道具が単発で簡単に消されるため、最終的には物理防御が低いのに接近戦をしなければならない。そしてそこからの起き攻めの択で持っていく感じ。やはりゲージがあるところで使いたい。

イヴェッタ ☆☆☆☆
弓使いですが通常技のほとんどがキャンセル可能なので小回りを活かした近距離での戦いがメイン。ゲージがないと火力は低いもののスカイアローはコンボに組み込んだり、ガードさせて削ったりと強い。
カースヘッドがしっくり来ない人は専用装備を持たせて大将にするのもアリ。目立った恩恵はアローショットが2発になるくらいですが、アイテム効果が使いやすいのでどんどん使おう。


ドワーフチーム
ちいさいおっさんチーム。斧、銃、大砲とロマンに溢れているが下位キャラが2人もいるのでチームとしては弱め。

ドルガン ☆☆
ラムダとカースヘッドを足して3で割ったような(という意見も)キャラで 、性能のいいコマ投げや小技でちくちく攻めていく。コマ投げが追加入力で受身不可になるので起き攻めがしやすく、うまくいけばそのままハメ殺すことも可能。
小ささが災いしてかリーチが短く、そのせいで相性の悪いキャラが結構いる。どちらかというと先鋒向き。

バルガン ☆☆☆
ドルガンの弟で銃使い。 こちらはショットが早く遠距離もいけ、接近戦では発生の早いJCに、発生が早い上相殺不可のヘッドチャージが強力。更にヘッドチャージの追加入力からBラストショットにつなげるだけでかなりのダメージと火力もばっちり。
最大の悩みどころは弾の管理。 8発あるものの消費が激しいので適度にリロードしていく必要がある。

ゲルハッセンⅡ ☆☆
この世界唯一の新兵器。ちなみにおっさんには名前がない。遅い動きのため自分から攻めるのは苦手だが高い攻撃力に特殊なD攻撃、弾を持ったときの迎撃力で対応していく。バルガンと同様弾をリロードする必要があるがこちらは1発のみな上に隙もある。しかも最初弾が入ってない。専用装備を持つと専用マナバーストがあるが使えない。因みに始動が入りづらいが永久持ち。


ダークエルフチーム
このゲーム最上位キャラが2人もいる恐ろしい種族。青肌怖い。因みにコイツらは一時的に協力してるだけで仲はよくない。

ヴリトラ ☆☆☆
最強クラスのキャラ。 最初は5Aと2Bと適度に振ってるだけでなんとかなる上に実戦的な永久持ち。専用装備の補正も高く持たせたときの火力は凄まじい。他のアイテムとも相性がいいので専用装備がなくても問題なく、チームにも組みやすい。
これだけでも強いのだが真価を発揮すると泣きたくなる強さになるのだが、引き出すにはコツがいるため☆3とした。ネシカだと弱体化されてるという理由も少しある。

ナーガル ☆☆☆
こちらも最強クラス。永久はないが相殺したら追加攻撃が入る飛び道具、このゲーム最速発生の通常技、受身不可の投げからの起き攻め、優秀なマナバーストなどすべてにおいて万能。特にボルトジャンプは立ち食らい中に出せ一方的に反撃できるので一部マナバーストを封印できる。
最初は飛び道具を撒くだけで強いが少しコンボに慣れがいるため☆3。ネシカではヴリトラは弱体化しているのにこちらは何もなし。
 
マーラ ☆☆☆
ネクロマンサーだが最強コンビがいるせいか地味な扱いを受ける。技は少ないが一通り揃っている。 マナバーストは優秀で特にスケルトンアーミーはランダム要素はあるものの威力は絶大。また中下段の2択が強力で特に画面端での火力は凄まじい。
攻めは強いが守りは物理防御の低さもあり弱め。 マナカウンターが重要になってくるためなるべくゲージがあるときに使いたい。


オークチーム
オークと愉快な仲間たち。 オーク以外はクセがちょっと強い。

オーク ☆☆☆☆
オークの長。部下を呼んだり、アイテムによってはいろんなコンボが出来たりと見た目に反して器用な面も。ジャンプは低いが横に判定の強いジャンプBが強く守りも強い。だがマナカウンターの性能の悪さから追い込まれると弱い。マナバーストは癖はあるが威力もあるがオークの場合はなくても十分戦える。先鋒向き。
専用装備を持つと物理攻撃1.38倍と強いうえにアイテム効果も使いやすい点もよし。

トロル ☆☆☆☆
でかい。動きも遅いので追い込まれると脆いがそれを補える頭突きの優秀さ。Dを押して離すだけなのでコマンドが出なくても大丈夫。置き対空の2C、受身不可でガード時のみキャンセルが利く6Bが強く、画面端での打撃と投げの択は強力。
遅さがあるものの、格ゲーはじめたての人でも強さが発揮しやすく、格ゲー経験があるともっと発揮できるため意外とおすすめ。

ゴブリン ☆☆
トカゲに乗ってるちいさい生き物。設定ではガンギマリ。攻撃力、防御力ともに低いが、唯一2段ジャンプ可能で動きも素早いので逃げつつチクチク攻めるのが主な戦い方。壁に張り付くと一部のキャラは何もできない。非力ではあるが発生無敵があり威力もあるマナバースト袋叩きが強力なので甘く見てはいけない。ガードされると隙だらけだが。


アンデッドチーム
吸血鬼、ボーンナイト、魔法使いとクセのあるメンツ。全体的にクセの強いチームなので使いこなすには苦労する。

ベルンハルト ☆☆
吸血鬼。通常技の発生は遅く自分で攻めるのは苦手だが防御面ではトップ。高性能のワープに体力やゲージを吸収するコマ投げが強い。マナバーストは体力・ゲージを吸収するコマ投げのブラッドサッカー、画面端では永久に持っていけるブラッド・バリアと優秀。
切り返しが弱いためマナカウンターが重要。ゲージ配分が大事。

ンシドル ☆
骨の馬に乗る骨。ジャンプに見えないジャンプにあまり優秀といえない通常技と満足に動かすことすら難しいが、見た目も美しい永久持ち。極めると地上マナカウンターからそのまま永久にいけたりと永久で評価が変わるキャラと言えるが、永久もアドリブ要素が高く難しい。
クセも強く、強さを発揮するまでに時間がかかるため☆1つとしたが、極めたンシドルは恐ろしいので頑張る価値はある。

ゾン ☆☆☆
魔法使い。物理防御は最低だが魔法防御は最高と極端なキャラ。ダッシュ相殺できない飛び道具、対空に優秀なマナバースト・コンタミネイション、優秀なワープで翻弄していくのが主な戦法。最初はダメージがとりづらいがワープの使い方をマスターするといやらしいキャラに変貌する。ゲージがあると戦いやすいので中堅・大将向き。
最初にゾンを選ぶ新規さんは強くなると僕の中で話題に。 その点で☆3。


と、紹介してみました。
とにかく最初はラムダを触ってみようと言うくらいラムダはおすすめです。もちろん向き不向きはありますが最初触るなら間違いなくコイツ。
最初に選んだチームで「コイツなんかしっくりこないな」と思ったら試しにいろんなキャラを入れてみるのもアリです。チームを組むのも楽しみのひとつです。
個人的に弱キャラといわれるキャラも対策を知らないとボコボコにされる力は秘めてますので、対策として実際に触ってみるのも大事だと思います。
長くなりましたが、これからはじめる方の参考になれたら嬉しいです。 

milayamaチャーリー│コメント(0)雑記 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字