2014年02月12日

ギャラクシーのミニゲーム特訓のひとつであるバウンドジャンプ。
最初のうちはなかなかスコアが伸ばせず苦労します。実際僕も最初スコアが伸びず「なんだこのクソゲーは(憤怒)」と思った時期がありますが、他のミニゲームに比べて運要素はあまりないので安定すると熱血をおさえつつ特訓ポイント稼げます。
ここでは30000(銅)から40000(銀)をなるべくとれる攻略的なことを書きます。
画像の関係で攻略は続きから 

はじめに。
赤丸の部分が狙う場所です。青線は理想の軌道です。
赤丸はわりとアバウトなので参考程度にし、実際にやって修正してください。

LEVEL1
左は赤丸のまま。右の場合は斜めの軌道に対して直角になるように。
l1001 l1002

LEVEL2
障害物が増えた以外はLEVEL1と変わらず。

LEVEL3
ここも変わらず。画像の場合はまっすぐを心がける。まっすぐじゃなくても時計側に少し傾いて問題なし。
l3001


LEVEL4
障害物が増えてきましたが今までの応用です。
左はちょっと低いと中央左の障害物に当たって落ちます。対して右の場合は少し低めだと時計がとりやすい。
l4001 l4003

LEVEL5
ここからハチが登場。ハチが軌道からそれたら赤丸に狙いをつけて跳ぶ。
右は画像のミスがあり、赤丸より少し下を。
l5001 l5002 l5003

LEVEL6
高速地帯。
振り幅が速いことを除けば最初と変わらない。時計は狙えたらでおk

LEVEL7
徐々に変なものも・・・
右は振り幅が右に振り切った瞬間に跳ぶと青線の軌道で時計が取れる。
l7001l7003

LEVEL8
ここもハチに気をつけて赤丸に狙いを。上段左は真ん中より少し早いと右の障害物に当たり、復帰にかなり時間がかかるので自信がない場合は時計は諦めてもいい。
l8001 l8002
l8003

LEVEL9
ここからタイミングも重要に。
上段左はハチが降りてくるギリギリに。右はハチが1回下がってもう一度上に行くとき。
下段左はなるべくすぐ赤丸を狙うとベター。
l9001 l9002
l9003


LEVEL10
ここは基本的に時計は狙わずスピード重視。
たまにまっすぐ上に行くバージョンがあるが、振りも普通の速度なので自信があれば時計を狙ってもいい。
le10_001

LEVEL11
ここからミスると時間がかかるのでタイミングと角度に気をつける。
タイミングを計るよりは赤丸の方向に振りがきたら跳ぶくらいでいいかも。
le11_001 le11_002

LEVEL12
高速地帯。
すごく速いため満足に狙った方向に行かない。時計よりスピードクリアを。

LEVEL13
ここから更に難しく。確実に時計を狙えるのはここまでかも。
上段左はタイミングを間違えるとトゲやハチに当たって厄介。右はちょっと狙うのが難しいので最悪スルーでも可。
下段左は真ん中きたら即くらいでいい。
le13_001le13_003
le13_004

LEVEL14
ここからは時計を狙うよりスピードクリア狙いになってくる。ここまで来れれば銀も目前。
上段左は時計は無視し両端どちらかの隙間を狙う。個人的に右がおすすめ。
右は角度はよくてもタイミング次第ではハチに当たるので注意。基本的にハチのこないタイミングで上へ。
下段左は振り幅が右から左へ移動しはじめだと成功しやすい。
le14_001 le14_003
le14_004


LEVEL15
ここから先は僕も安定していないので攻略としてはここが最後となります。ここも基本スピードクリアで。
上段左は右の隙間を狙うのだが角度があると落ちるのでまっすぐより少し傾いてる程度がいい。右は星を無視してもいい。
下段左はタイミング、角度が把握できれば比較的時計はとりやすい。
le15_001 le15_002
le15_003

LEVEL16
画像はないですがLEVEL10の高速地帯。攻略法も同じだが振りが速いので注意。
ここを突破すると40000近いスコアになっているはず。

LEVEL17以降
ハチがたくさんいて、満足に跳ぶことすら難しい。タイミングを計って跳ぶくらいしかない。攻略が中途半端なのはここがまだ運任せなところが大きい。

LEVEL20
時計もないが障害物もない。確実にスピードクリア出来、スコアも伸びる。運よくここまでこれたらとにかく跳ぶ。
ここまでこれたら銀どころか金も確実。


・・・と長い上に拙いバウンドジャンプのコツを書いてみました。
微妙なズレなどがあるので、ここを参考にして実際にやってみるのがいいかもしれません(写真含め2時間くらいの突貫なため)
道中時計は必ずとる必要はなく、とっておくと後々楽くらいなので序盤で1個逃しても大きな問題ではありません。

平均して40000あたりとれると同じ熱血Pかかるイノシシズモウの大成功以上の成果が期待できますので、熱血をセツヤクして特訓したい方は頑張る価値は十分あると思います。
僕は安定した結果、特訓は全部バウンドジャンプでやっています。熱血に関しては問題ないくらいはあるんですがイノシシズモウとかはミスがあるからもったいないw






 

milayamaチャーリー│コメント(0)メモ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字